弁当というと、スーパーやコンビニ、弁当専門店などで売られているものを想像します。もちろん家庭で作られた弁当もありますが、忙しい現代人にとっては店先で購入する事が出来る弁当は有難いものです。そんな弁当は、店頭で購入出来るものと、注文する事によって作られる仕出し弁当があるのを知っているでしょうか。同じ弁当という部類でありながら、ちょっとした特徴を持っており、購入する人のニーズに合わせて選ぶ事が出来ます。スーパーやコンビニなどで手軽に購入する事も良いですが、仕出し弁当によって作られたおかずを食するのも楽しいものです。実際に店頭で売られている普通の弁当と少し異なる仕出しの弁当について理解を深めてみると、ランチの弁当に対する認識が変わるかもしれません。

仕出しと普通の弁当の違いはどのような点なのか

一般的に店先で販売される弁当とは、メニューが決められたものが多く、無難でありふれたおかずを揃える事が多いです。ある程度の販売個数を見越して製造され、商品として店頭で売りさばくという形になっています。弁当専門店で購入する場合も、予め作られたおかずを詰め合わせ一つの弁当という商品として扱います。逆に仕出し弁当は、顧客の注文を受けて初めて弁当としての商品を作るという形になっています。そのため注文によって販売する個数が分かり、無駄なく効率的に弁当を作り出す事が出来ます。すでに販売されているものを客が出向いて購入するのが一般的な店の弁当であり、注文して弁当が作られ、配達によって送り届けてもらうのが仕出しによる弁当です。同じ弁当でありながら、その異なる形態により、それぞれの利点は異なります。

仕出しによる様々なタイプのメニューで顧客の心を掴む

通常の弁当の良さは、何より手軽に販売されているものを購入出来るところです。何も問題なく誰でも簡単に購入し食べる事が出来るため、老若男女問わず利用されています。一方、仕出し弁当は注文制の利点を活かす事で、個性的なメニューを取り揃えたり、高級食材を使った弁当を扱う事が出来ます。また、顧客の要望に応えたメニューなどにも対応可能となる場合も多く、イベントや会議などにマッチした弁当を注文する事が出来ます。ランチに食される弁当のおかずなどに対する顧客の意見を取り入れているところもあり、無駄を出さず、要望に応えてメニュー開発を行う姿勢が一番の魅力です。弁当というものは、忙しい現代に根付いた食文化の一つです。手軽さを求めるのも良いですし、オリジナリティーを求めるのも良いですし、高級感を求めるのも良い存在となっているのです。

北海道、関東、東海、完済、近畿、中国、四国、九州で料亭の味をご用意しております。 しげよしからのお得な情報が提供される会員制度、松阪牛などの高級食材が当たる企画もござます! 配達時間は11時から18時となっております(店舗によって異なる場合が御座います。本部までご確認ください) ハレの日の御対応もさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。 仕出し弁当なら割烹しげよし